Webディレクターズハンドブック by Kei お問い合わせ

業界未経験からWebディレクターになるための道しるべ

  1. 業界未経験からWebディレクターになるための道しるべ HOME
  2. Webディレクターの給料はいくらぐらい?

Webディレクターの給料はいくらぐらい?Web Director's Handbook by Kei

さて、Webディレクターの給料についてですが、これも会社によってピンキリかと思いますが、平均年収.jpのサイトによると、以下のようになっていました。

webディレクターの平均年収
年収
400~1,000万円前後
月収
25万円~50万円

比較的30代のWebディレクターが多いです。
また、IT業界のクリエイター系といわれる仕事の中では一番お給料・待遇は高いです。

webディレクターの年収を詳しく解説!平均年収.jp

業界の中では、Webディレクターは、リーダーやマネージャーなど、人をまとめる立場になりやすいので、デザイナーやプログラマよりも、給料が比較的高くなります。

また、年収ラボでは、デザイナーとプログラマーの平均年収は以下のようになっていました。

デザイナーの平均年収(平成26年)
平均年収
399万円
平均月収
30万円
平均年齢
35.1歳
平成26年 デザイナーの平均年収 | 年収ラボ
プログラマーの平均年収(平成26年)
平均年収
426万円
平均月収
31万円
平均年齢
32.4歳
平成26年 プログラマーの平均年収 | 年収ラボ

上記は、Web業界にしぼったデータというわけではないのですが、ここ10年ぐらいは増減はあれど、どちらもほぼ横ばいですね。
万年人手不足の職種といわれているので、個人的にはもっと給料をあげて欲しいと思っているのですが・・・。

クリエイティブ業界は実力主義

ただ、デザイナーでもプログラマーでも、一流と呼ばれるデザイナーやスーパープログラマーは、平均年収とは関係のない収入を得ている場合があります。

とくに、プログラマーの質はIT企業にとっては自社サービスの質を左右する生命線といえる存在。万年人手不足なので、このような専門の転職支援サービスも多くあります。

とりわけ、クリエイティブな業界においては「職種」というより、個々のスキルが重視される実力主義な業界です。
当然、Webディレクターといえど、スキルや経験が低ければ、平均以下の年収ということもありえる話です。

まぁ、給料というのは、実際のところは、就職する会社の規模や業績によってかなり差があります。
しかし、Webディレクターとして経営層よりの知識やスキルを身につけていけば、いずれコンサルタントとして独立もできるので、そうなれば平均年収を大きく上回るのも夢ではありませんね。

ちなみに私Keiの年収は・・・平均よりちょっとだけ高いくらいです(汗)。


次のページでは就職・転職活動の際の「良い会社の見分け方」を書いてみました。

業界未経験からWebディレクターになるための道しるべ HOMEへ

Twirrer @kei_asakawa

ヒューマンリソシアは、全国9,000件以上の仕事の登録情報がある大手派遣登録会社です。
ただ仕事を紹介するだけでなく、グループ会社のヒューマンアカデミーで、さまざまな種類の講座を割安で受講できる、スキルアップ支援に手厚い派遣会社です。

Web、ゲーム、広告、アプリなど、クリエイティブ業界に特化した転職・派遣登録サイトのレバテッククリエイター。
勤務先は東京周辺、関東圏の大都市に限られていますが、成長中のベンチャー企業や大手企業が多く、年収アップを考えている方にはマッチしますね。
フリーランスとして参加する場合、宿泊施設やスポーツクラブ割引のほか、健康診断などのサービスが受けられるので、登録しておいて損はないかも。

Webディレクターズハンドブック